使い方のまとめと使用上の注意について

アイキララは今あまりにも人気があり、申し込みが殺到しているアイテムなんです。

 

 

そんな人気のアイキララの使い方を解説しますね。

 

 

アイキララは朝、夜、1日2回のケアに使います。

 

クレンジング → 洗顔 → 化粧水 → アイキララ → 乳液

 

の順に使うと効果的です。

 

 

それぞれの注意点ですが、まずクレンジングは目の下にはマスカラが残っている場合が多いので、こすらず丁寧にオフするのが大事ですね。

 

洗顔で清潔な状態にして、化粧水で肌のキメを整えます。

 

そして、アイキララの出番なのですが、使い方にはコツがあります。

 

 

まず、1プッシュを左右両方に分けます。

 

多ければ多いほど実感できるという訳ではないので、1プッシュで十分なんです。

 

そして、目の下の気になる部分につけて、上からトントンとソフトに馴染ませます。

 

クリームが馴染んできたら、薬指の腹で目頭から目尻にかけて、優しくクリームを伸ばします。

 

それからより浸透させるために、手の平全体で目元をソフトに包み込みます。

 

次の乳液に行く前に、アイキララを十分に馴染ませることが大事なので、若干時間をかけます。

 

指の腹側全体で目の下を軽く押さえてから、乳液へステップして下さい。

 

 

今流行りのオールインワンジェルを使っている方は、オールインワンジェルの後に、アイキララを使いましょう。

 

アイキララはスペシャルケアとしてではなく、毎日のお手入れの一環として使用することがポイントですよ。

 

 

アイキララはデリケートな目元に使用するため、丁寧にソフトに使うことが大事になりますね。

 

でも、いつものケアにアイキララを入れるだけで、明るく健康的な目元になる訳ですから、このひと手間が、使っている人と使っていない人の大きな差になってくると思いませんか?

 

 

今なら3つのコースが選べて、コースに合わせて割引もしていますよ。

 

使うのに後一歩踏み込めない方も、全額返金保証制度がありますし、お試しコースもありますので、安心して一歩を踏み出してみて下さい。

 

 

関連ページ

目の下のクマに効く成分のGMAってなに?
アイキララは成分にこだわって作られています。アイキララで使われているMGA、ビタミンC誘導体について調べてみました。どれも美容、健康に期待できる成分です。
アイキララに副作用はないの?安全性についてのまとめ
アイキララは安全で副作用のないクリームですので安心です。アイキララの全成分をご紹介します。副作用知らずの快適目元ケアをしてみませんか?